クレジットカードを持つようになり、、

私がクレジットカードを持つようになったのは1年前くらいです。はじめは使い方も分からずただ財布に入れていただけなのですが、、私のクレジットカードは、楽天カードで、楽天で買い物をすると、クレジット払いならポイントが何倍かになるというもので、同じ買うならとクレジット払いになるようになりました。楽天の買い物以外にもクレジットの請求に応じて楽天にポイントが入るというシスです。なので、楽天での買い物も、ガソリンいれるのも、旅行に行くのも全てカードで払っていました。すると明細を見ると、あれ?これ私買ったっけ?や、使ったっけ?ということが毎月のようにあります。ですが、請求金額に応じてポイントが貯まるのでその貯まったポイントで買い物するのが楽しみです。クレジットカードはその場ではどれだけ使ったのかわからないので怖いですが、ちゃんと把握していたらいいものだなと感じています。

意外なクレジットカードのお得なサービス

今やネット販売などには欠かせないクレジットカード。しかし、ただ買い物するだけではなく、意外なサービスがあるのです。 先ずは大手ショッピングモールで発行できる「イオンカード」。VISAやJCBなど様々なカード会社から発行されていますが、とてもお得なサービスがあるのです。それは毎月20日、20日にお買いもの代金が5%割引になることです。これはほぼすべての商品に適用され、その日に買い物をするととっても助かるはず。事実、20日や30日のイオンの混みようは相当なものです。 他にも出光が発行する出光カードではガソリン代の割引やオイル交換サービスなど、車を利用する人には便利なサービスがあります。同じような機能はエネオスカードにもありますので、良く利用するガソリンスタンドで発行すると良いでしょう。 クレジットカードを持つ時はサービスを確認することが大事ですね。意外な節約になるかもしれません。

日常使いには楽天カード

色々なカードを比べて作成していますが、なかでも楽天カードは、年会費無料で100円で1ポイントたまります。色々なお店と提携しているのでキャンペーンによって利用ポイントが2倍になったり、ボーナスポイントをもらうことができます。ガソリンスタンドでも提携しているところを選ぶようにしたり、少し気を付けて日常使いしているとあっという間にポイントがたまります。楽天市場でもカードを使って決済するだけで3倍のポイントがもらうことができます。貯まったポイントは楽天市場だけでなく提携しているお店で1ポイント1円から使うことができるので他のカードのように欲しいプレゼントに必要なポイント数までに期限切れになってしまうことがありません。日常使いするのであれば楽天カードがおススメです。

使い勝手が抜群の楽天カード

審査に通りやすく、ポイント還元率も高くて人気のある楽天カードですが、実際利用してみて非常に使い勝手の良いクレジットカードだと感じています。まず還元率ですが基本還元率は1%なものの楽天市場で利用すれば3倍4倍は当たり前で、10倍以上キャンペーンも頻繁に行われているため他の追随を許さないほどポイントが溜まっていきます。そして実店舗で利用できてポイントが付くお店が多いのも特徴です。全国展開しているドラッグストアやコンビニ、飲食店など、日常生活の中でよく利用するお店でポイントが溜まりますので、気づいたら数千ポイント溜まっていたということが本当によくあります。楽天カードは安全性も高いと感じています。カードを利用すると1~3日ぐらいで使用日時とカード利用金額が書かれたメールが送られてきます。もしそれが実に覚えのないものなら、すぐに連絡して止めてもらうことができますし、補償精度もしっかりしています。また、3Dセキュアなどのネットセキュリティ対策もしっかりされていますので安心して利用できています。

年会費無料でサービス豊富なYahoo! JAPANカード

私が使っているクレジットカードは「Yahoo! JAPANカード」で、とても使い勝手が良いカードです。まず大きなポイントとして、年会費が完全無料ということ。次に還元率は通常1%ですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOを使うとそれが3%まで上昇します。さらに自動車税、住民税、ガス水道代などの固定費もクレジットカードで払うことが出来、その都度ポイントが貯まっていきます。その貯まったポイントはTポイントとして使うことが出来て、私も近所のコンビニやドラッグストア、よく行く飲食店などで使わせてもらっています。また、買った商品を落としたりして破損させても90日以内であれば保証してくれる、ショッピングガード保険が自動で入っているのも安心です。

ららぽーとですぐに作れるクレジットカード

ららぽーとに行った時、大きな広場やエレベータ脇で三井ショッピングカードの勧誘をよくやっています。私は以前勧誘の元でカードを作成しました。案内人の案内の元、約15分で手続きが終了しました。クレジットカードを作る時に基本の契約書に名前や自分の個人情報を記載するだけです。特に判子などは必要なく銀行のカードがあればより迅速にカードを作成することができます。全て記載し案内人に書類を確認してもらったら約30分くらいでしょうか、審査終了です。審査結果の伝達はセゾンカウターに聞きに行きます。ここで審査が通ったのか通らなかったのかを確認し、審査が通った方はその日に使えるお買いもの割引券をもらったりカードの説明を受けます。最近のクレジットカードはどこの会社でも、大体どの種類でも迅速に作成してくれるところが多くなってきています。ただ銀行の預金カードが重要で、これがないと契約は済んだものの引き落とし先の登録が出来ていないのでその日にカードを利用することはもちろん、後日自分で郵送にて書類を送らなくてはいけないシステムです。その日に利用できなくてもその日に契約すればショッピングパークの割引券や特典が付いたりとお得ではありますが、後々書類を自分で送るのが遅れてしまったりもしくは面倒で送らなかったりと結局迅速にクレジットカードが作成出来ない場合もあります。

クレジットカードは普段使いがオススメ

クレジットカードというと大きな買い物や水道光熱費などで使用する方が多いですが、クレジットカードは普段使いがオススメです。普段使いするメリットは、ポイントやマイルを貯めることができるからです。クレジットカードの種類によってはポイントやマイルが貯められないものもありますが、ポイントやマイルを貯まるカードを持っていれば自動的にポイントが貯まり、ポイントやマイルで旅行やショッピングをすることができます。また、クレジットカードを普段使いすれば、毎月どのようなものにお金を使っているのかが分かるため、無駄遣いなどを未然に防いでくれます。このようにクレジットカードを普段使いすればお得なサービスを享受できてお財布管理を同時にすることが可能です。一挙両得にはクレジットカードの普段使いがオススメです。

外国の美大で…仰天クレジットカード利用法

外国の美大に留学していた友人の話です。色々な素材を組み合わせてコラージュのようなものを製作する授業があったのですが、講師が配布した用意リストに「古いクレジットカード」と書いてあったので、友人は頭を捻りました。一体何に使うのかと恐る恐る聞いてみると、「接着剤を広い範囲で平らに塗るのに、カードの端を使うのよ」と言われました。そこで友人は「先生、それは別にクレジットカードでなくても、使わないお店のメンバーズカードとかでもいいんじゃないでしょうか。」と提案しました。すると講師は少し考えて「そうか~、その手があったわね!もちろん、他のカードでも構わないわ!」と笑ったそうです。使わなくなったとは言え、個人情報満載のクレジットカードをそんな風に使うのはいかがなものか…、と友人は内心でかなり呆れてしまったそうです。

クレジットカード決済を優先するように

クレジットカードを所持していれば、財布の中に現金が無くても買い物が可能となります。最近では大型のデパートやショッピングセンター、ホームセンターやディスカウントショップなど、どのようなお店でもクレジットカード決済が可能になっているので便利に利用できます。ですが、生活の全てをクレジットカード依存するのはまだまだ難しい状況があります。大型のお店だけでなく、お肉屋さんや野菜屋さんのような、地元の中小のお店を利用する可能性が残っています。特定のお店でしか売っていないような商品が必要になる場合、どうしても現金が必要となります。そのあたりのバランスを考慮しながら、より使い勝手の良いクレジットカードを所持するスタイルが有効となってくるはずです。

クレジットカードの利点

最大の利点は、支払いがシンプルだということです。買い物時のわずらわしい小銭などもなくカード一つあれば簡単に買い物が出来ます。また買い物をするたびにカードのポイントも貯まりますので一石二鳥です。カード料金のい支払いも銀行引落しに出来るので、現金を使わずに生活することも出来ます。現金を財布にいれているとかさばりますし、なるべく手に持つを少なくしたい男性にはピッタリです。特に海外に旅行に行く際には必需品です。海外でも多くのお店で利用できますし、現金の使い方も海外に行くと大変です。容易に色々な場所で使えるので便利ですが、その分カードの管理だけは気を付ける必要があります。ただ他人のカードを利用しても今のご時世どこにでも監視カメラがありますので、すぐに身元がバレていまいます。